温熱療法

冷え症に効果的

温熱療法とは字の如く、温めて熱する。簡単に言ってしまえば体に熱をくわえて全身を温める療法です。
全身をポカポカ温めながら、患部や血液循環が悪いところをピンポイントで温めていきます。
温めていくと細胞の代謝がアップして、細胞そのものを元気にして免疫を高める療法なんです。
つまり冷え症をはじめ肩こりや腰痛などにも効果があるといわれています。
整骨院さんの中には温熱療法が一番効果がある。という先生もいらっしゃいます。
その先生曰くどんな痛みや体の不調を治そうとしても、結局血流がちゃんと良くなきゃ効果があがりにくいといいます。

特に冷え性などは血流がすごく大事ですよね。温められた血液が全身を駆け巡ると体内の温度が上がるのは当たり前ですよね。
血流という観点でみると確かに温熱療法をすると、全身がしっかり循環されそうですよね。
たとえば肩こりです。
肩こりの根本的な問題は血流にあるといわれています。腰痛も原因はさまざまですが、
脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など血流を循環させることで改善するスピードが変わってきます。
薬や注射で腰痛や肩こりがなかなか改善しないなぁという方は一度温熱療法にいってみてはいかがでしょう。