柔道整復術

近所の整骨院さん

皆さんご近所の整骨院さんや接骨院さんに通われますよね。
整体と混同して勘違いされがちですが、整骨院は柔道整復師という資格を持っている人しか開業できません。
柔道整復師の発祥は遠く室町から安土桃山時代にさかのぼります。
当時は武術のひとつであった柔術というものが起源です。
柔術は、もともと組み討ちの技で、「活法」と「殺法」に分けられ、「殺法」は戦の中から生まれた武術で関節技や投げ技、絞め技などがあります。
それに相対するのが「活法」で当て身を使って気絶した人の気を起こすのに利用されていました。
そこから、打撲やねんざ、骨折、脱臼などの外傷の手当まで範囲が膨らんできました。
もうお分かりの方もいらっしゃると思いますが、この柔術が近代になって柔道に分化され、戦後医師の補助的な目的で公式に認められ今日に至ります。
柔道整復師は保険の取り扱いが認められておりますが、検査や投薬などが出来ません。
しかし、町の整骨院に行ってみると老人から学生までいっぱいいますよね。
注射や薬が嫌いな人や、ただ痛みを取りたいとか、先生の人格に惹かれて通っている人もいらっしゃいますよね。